イタリアのコトとか、趣味のコトとか、徒然と…


by coniglioalice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タロットガーデンへ

皆様、お久しぶりです(/・ω・)/
やっとなのか、もうなのか、本日スペインから戻って来ました。
本当にガウディ巡りの旅になりました。が、夜行列車なので少々疲れ気味です( ̄− ̄)

今回から前回のイタリア旅から今回のスペイン旅について徒然と綴って行こうと思っております。

9月8日の日、ニキ・ド・サンファルさんと言う芸術家さんが作ったタロットガーデンという美術館へ行こうと言うコトになり、はるばると行ってきました。
時間の関係で列車を乗り継ぎ2時間だけ、ルッカという町によりました。
紙の工場があるコトがイタリアでは有名ですが、その他にもピノッキオの作家さんの町でもあります(観光の本にはよくフィレンツェの近くの小さな町と書かれています)、後はオペラのプッチーニの町です。
が、プッチーニの生家は今修復中にて見るコトが出来ませんでした><、
後は教会に行って...そんな2時間でした。
(ちなみに写真を撮るのを忘れました...ごめんなさい)

で、斜塔で有名なピサへ。
そこからローマ行きの各駅停車に乗って、乗って、2時間。
カパルビオと言う無人駅で降りる。。。そこからタロットガーデンまで8kmもあるので、近くのカフェでタクシーの電話番号を聞き、かける(・o・)
「40分後でいい?」
「もうちょっと早くならない?」と私。
「違う仕事もあるから、無理」
「それなら待ってる」と私。タクシーを待つ私と友達。。。。。。。1時間経っても来ません。
さすがイタリア!ルーズ過ぎです。

うだうだをしていると、そこにいたイタリア人の人が同情をしてくれて、なぜかシロタク(認定されてないタクシー)になってくれました。
帰りも送ってくれてちょっと値段は高かったけれども時間の無駄に考えたらマシだったのでしょうか。
(下手したら帰れなくなります)

日本にもニキ美術館があるそうですが、ちなみに私は行ったコトはありません。
そのニキさんの後半人生をかけて作られたのが、このタロットガーデン。a0052863_557868.jpg
写真は50枚以上撮ったので何を載せるか悩みましたが、取りあえず...→
ガウディも100枚以上撮ったので、ホームページでも立ち上げようかと思うけど、いつになるやら,,,

ニキさんはバルセロナでガウディの作品を見て触発されてこのタロットガーデンを作ったそうです。
結構大きな敷地にタロットをテーマにした作品の数々が飾られております。a0052863_557361.jpg
敷地は知り合いの方から貰った土地だそうです。(だからこんなに僻地にあるのでしょうか)
でもとっても作品は面白かったです。ガウディの影響はタイルのモザイクくらいにしか感じませんでした。
道にも沢山の文字が入っているし、どこを見ても本当に飽きないです。
が、遠い......( = =) 本当に僻地です。近かったら何度でも行きたいのですがね。
それか、車が運転出来てもいいかもしれません。
タロットガーデン自体も沢山の人が来ていました。
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-21 05:59 |