イタリアのコトとか、趣味のコトとか、徒然と…


by coniglioalice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

先週、やっと滞在許可書を手に出来ました( ´o`)п< <
これで心置きなく海外に行けます。なぜなら滞在許可書を申請中はイタリアから出てはいけないのです。

私の友達に南米から来てる子がいますが、彼等は本当に最悪!
滞在許可書が手に入らないのです。許可書を取りに行くと、「まだ出来てない。時間が掛かるから三ヶ月後に来い」と言われ、何回も言われ続けて、手に入る時は次の申請しなければならない季節。
それが毎年のようで、彼等は実家に帰るコトは疎かイタリアから出国できません。学校が終る4年間イタリアに居続けないと、次はいつイタリアへ戻れるかわからなくなってしまうそうです。。。。
本当に可哀想!!!
日本人は出国出来ないと言いつつも、そこまでしっかり調べられないらしく、帰国は可能なよう。でも違法なのであしからず!!

今年はそんなに問題もなく手に出来て本当に良かったです^^v
でも当日は当たり前のように1時間みくちゃにされながら並び、年に一回の苦しみの儀式かよ!とか考えてました。

最近は雪が降らないな〜とか、考えていたら当日の前の日から雪><、
天気予報も二日間雪予報!
警察が絡むとなぜか雪が降る…やっぱり私にとって鬼門なのね、と警察署に向かう途中…
a0052863_2102836.jpg
何と、ここ2年程聞いてはいたが見たコトがなかったモノに遭遇!!!!
そうなんです!噴水の人魚から氷柱→

「おっぱい」から氷柱って聞いたいたので、どうんな風なのかちょっと期待していたのですが…見事に氷柱ではなくなって、「氷の固まりが引っ付いてるだけ」になってました。。残念><、
でもよくある鼻から氷柱は見事にみれました。

フと周りを見回すと、私の他にもやっぱり写真を撮ってる人が5人程!
やっぱり珍しいのだな〜とかって思ったりして…
道行く人も皆指を指して笑っているしね(/・ω・)/

ってか、今って冷凍庫にいるようなもの!?って疑問も持ちながら警察署に向かう私なのでした><、
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-30 21:01 | 日常

飽きない日常‥

毎回、毎回、私の教授には飽きさせられません。

最初は私のイタリア語の問題かと思い気や最近、そうではないコトが判明しつつあります…

1年前の話です。。。
その頃、私の教授は部屋が広いコトを良いコトに「絵を持ってこい」と言っては、時々教室で生徒達の作品を飾っていました。

後日、再び前描いた絵を持ってこいと指令が下されました。
また教室に飾るのだろう〜と予想してましたが、どっこい!
何と、学校の廊下で絵画科全体のコンクールなのです!それなら、、あんな絵を飾るなんて反対したのに><、と思っても後の祭り…

その時は自分のイタリア語が出来なくて聞き取れなかったと判断したのですが…数日後友達と喋っていてそうではないコトが判明!
その友達もあんなに大々的だとは夢にも思わず、「知っていたら、もっと良い絵を持って来たのに!」と悔しがっていました。。

って、、やっぱり説明してなかったよね?って思わず聞いてしまいました。

そして話は遡り二週間程前、モデルデッサンを描いていると
「今度展覧会をやる。デッサン画が欲しいから、今描いてるのがもイイから提出しなさい」と言われ、2時間くらい描いたモノを提出。
まーいつものだろうとタカを括っていました。。。  ↓昼なのに氷る噴水
a0052863_19285262.jpg
が、そんなコトも忘れた本日…
学校に着くなり、「絵はいくら?」と聞かれ
「は?」と目を丸くして答えると、イタリア語が分っていないのかと思われ、
「How much?」と英語で今度は聞かれました…

いきなり意味が分らない…
ってか、いつの間に私の絵が売りに出されていたのだ?

よくよく話を聞くと、今絵を飾っているお店のオーナーから昨日電話があり、個人のプロフィールや絵の大きさ、使用道具などを提出するように言われたそうで、何故か値段も…

取りあえず、そのオーナーと直接話せと住所を教えて貰い、直行してみると、とあるBAR(喫茶店)にてその絵が飾られているではないですか!!(/||| ̄▽)/ひょぇ〜
他の友達の絵も所狭しと飾られていました。。。

そこのオーナーと世間話をして取りあえず「値段は…どうしていいか分らない」と伝えると、
「それなら別にいいよ」と簡単にお返事が…
別になくても良かったのねって、ホッとしましたC=(^◇^ ;
オーナーは取りあえず、絵の横にプロフィールを載せたかっただけみたいでした。

あんな2時間くらいの絵に値段なぞ!って思っていたので良かった、良かった。
あんな絵を欲しがる物好きもいないと思うので一先ず安心!

ってか、教授よ!あんなに話すのが好きなのだから、少しくらい説明しようよ…
分っていたら、反対したのに…って、分っていたから強行突破されたのかしら?

う〜ん...本当にネタに尽きない私の教授なのでした><、
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-25 19:30 | 学校
テストが近付いて参りましたΣ('0'*)

こればっかりは、避けられないツワモノ!!
ちなみにアカデミアでのテストは2月・6月・10月の3回があり、生徒は受けたい時に受けます。

でも専攻科目(私の場合は絵画)とデッサンと美術史は4年間、1年に1回、計4回テストがあり、1回でも落とすと日本で言うと留年ってコトになります。(不安な人は6月・10月・2月のテストすべて受ける事が可能!ちなみに教授から合格を貰えなかった人も2回とか受けます><、)

それから私は絵画科なの3年から必修科目となる版画も加えられます。
でその他4年間で7科目の選択科目があり、1年で7科目やってもよし、4年かけてもよしとなります。
(ちなみに1年で総ては無理です。。)

ってなコトで、1年生の時は必修3科目と選択で写真、大理石をしました。
2年生は絵画・デッサン・絵画技術・ブロンズのテストを受けました...一つ欠けているのです。そうなのです、あの恐ろしい美術史を何とまだ受けてないのです;;

この2月に受からなければ、留年確実!許されない事実なのです。。。
言い訳としては...私の教授はいつも後期に試験があり、授業が終ってすぐに6月にテストなんて、とてもとても無理!(その上、違う試験4つも重なっていたのです)
10月に受けようと思っていたら、実は9月にあり学校に行った時はすでに試験は終っておりました。。。

な〜んてコトで2月!(事実上、最近は3月になりつつありますが…)
他の科目(簡単なの)も受けようと思っていたのですが・・・とんでもない!
何とこれまた教育学を今年は受けているのですが、教授曰く「授業が終ってすぐに試験はうけるべし」
と、言われてしまい2月に受けざるを得ない状態。

学科と学科。とてもヤバいです(ーー;)
私の頭の許容量は美術史だけでもカバー出来ていないと言うのに。。。

というのは、美術史!
一年生 エジプト・ギリシア・エトルリア〜1300年代まで
二年生 1400年代〜1500年代まで
三年生 1600年代〜1700年代まで
四年生 1900年代〜現在まで    を全て暗記。プラスで課題が4つ5つ程。
(ちなみに試験は教授によって異なりますが、私の場合教授からの質問と30分間憶えた事を喋り続けないといけません。)

一年の時は本当に死にました。ノイローゼになりかけ眠れず、6月の試験を放棄し10月に受けました。
一応、合格したのですが、私も必死!教授も必死!(いい先生に恵まれました><、)
最後の二週間は料理とお風呂以外はずっっっと勉強。
この私がです!!中学受験以来、イヤそれよりも勉強しました。

今回は極めてぐちゃぐちゃなルネッサンスが紛れております。
課題もクリスト。ドイツの旧国会議事堂を包んじゃった人です。その他にも紙の歴史など。

a0052863_4414081.jpg
なぜこんなに嘆いているかと申しますと、本日教育学にて新たに読まないといけないモノがプラスされましたのです(厚みが出ない…><;)→
a0052863_4421289.jpgプラス美術史がこれです←
(イタリアでは美術の歴史が美術をやる人にとって最重要課題とされています。こっちの美術の高専を受けた子達も技術より歴史をもっとも勉強します)

さーどうなる。私よ!
って、感じです。ってか、こんな嘆いてる暇に勉強せねば・・・せねば..と版画をやり始める私なのでしたo(__*)
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-22 04:44 | 学校
今日は久しぶりに雪の朝。
張り切って、朝からデッサンをしに学校へ。。。

1時間くらい描いたぐらいに、教授の長話が・・・
モデルもポーズを止めてしまい、「うにゃ〜」と思いながら、教授の話を聞いていると…聞いたコトあるぞ…その話。。。
ちょっとフラフラ、奥まった所で友達発見!!!

「あれ、前同じコト話していたよね?!」と私が問うと

「うん、毎年話してるよね・・・だからワタシラ3回目だよ(ーー;)」と・・・

それで一昨年の遠足を思い出しました。
ピストイヤと言う所に山一個が美術館と言う場所があります。そこへクラスの有志を募って行くコトになりました。
普段は参加しない私も、今回はちょっと面白そうというコトで参加してみると・・・

最寄りの駅で集合、そこから教授が予約した貸し切りバスで40分。生徒は30人くらい。
山道をクネクネ、クネクネ、だんだんトスカーナらしくオリーブ畑が見えて来てやっと到着!

と思いきや、、美術館の入り口は山の上…生徒30人程は自力で20分ほど山登り。。。
(教授は知り合いの車に乗って登って行きました(゜O゜;)

やっと到着!と、思いきや、今度は山全体に立体の作品があるため、3時間にわたりハイキング兼美術鑑賞(;´ρ`)

でも樹木や坂を上手く使って、作品達がお互いに見えなくなっていてそのモノの空間がちゃんと作られていて本当に面白かったです。作品自体も普段、あまり見られないくらいに大きいものや、アスレチックなモノまであり、勉強になりました(/・ω・)/


が、イタリア人を甘く見てました(ーー;)
帰りのバスの中、渋滞に嵌り来る時の倍以上かかりました。
ここで日本人なら疲れて寝る者や惚けてる人などなど…だが、イタリア人は違いました。。。
教授がエイエン1時間以上喋り捲る、捲る…さすがに話しが尽きたと思いきや、それでもマイクを放したがらず...「何か、歌う?」ですってΣ(T▽T;) (結局、最後までマイクを通して喋り続けました.. )

なぜ、疲れない・・・

そのまた凄いのは、帰りの列車の中・・・
今度は仲間の生徒達が小学生並みにハシャグ、ハシャグ...

なぜ、疲れていないのか・・・

不思議です、本当に不思議です。
なぜ、あんなに歩いたのに疲れてないのか…あの「喋る」エネルギーは一体どこから来るのか...
普段からお喋りと言われる私からでも、謎です。。。

と、ま〜本日は友達5人で「終れ、終れ」と小声で呪文のように唱え続け(ちゃんと教授からは死角の場所なのですが( ̄− ̄))、1時間程で教授の話が終了。

本当に喋るのが好きな教授だと、改めて思う次第なのでしたo(__*)...
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-18 04:29 | 学校
学校がいよいよ始まり、そろそろ顔を出してない授業にも顔を出して…って思い立ち、いざデッサンの授業に行ってみると、、助教授が部屋に一人ポツーンといました><、

あれれ、と思い声を掛けてみると、モデルが来るのは毎週木曜の朝だけだそうで…

え?(゜o゜)

すみません、教育学の授業と重なってます。毎回毎回、なんかしら必ず重なる授業。
去年それが学校中で問題になり、今年は改正されたと思いきや…やっぱりなのです。
なので、前期は他の授業があるので出れないと言ったら、助教授は快く「それなら後期からでも大丈夫よ」と言って下さいました><、
a0052863_762228.jpg
まー今更なのですが、11月から始まっているのに1月まで来てなかった私もいけません...... ( 〃..)ノ
学期始めはイタリア人は張り切って来られますが、そのため五月蝿い、邪魔(時々寄って来る…私は経験があるので他の人より多少絵が上手いらしい…ので私の傍で描くと上手に描けると思うらしい)のため私は遠慮しといております。。言い訳までに><、    ↑何なのか…学校に飾ってあります・・・

でも去年もこの時期からしかこのデッサンの授業には出てなかったのですが、最後の2ヶ月はモデル・私・助教授だけ。。
他の生徒は…誰も来ませんでした。。でも一応作品提出だけでもOKの教授なのですけどね。。
でも1年生の時もだし、昨年の2年生の時も、なぜか学期の最後の方は生徒がいない。
私は描きたいからいいのだけど、こんなに贅沢でいいのだろうか、と思う反面、、、絶対にどんなコトがあっても来ないといけない!という圧迫感に襲われます。。。
私がいかないと、モデルだけ…(1年生の時、教授さえ来なかった)

可哀想です!彼女達はバイトだから良いのかもしれないけれど、それでも毎週朝早くから来てるのに!
何度、私の顔を見て「ほっ」とした顔を見たか…
恐い話です。
前など、絵画科のモデル(イタリア人)に15分遅刻したと怒られました。
他の人がそんなコト言われてる所を見たコトがありません・・ってイタリアだし、遅刻は当たり前なのでは?モデルデッサンは自由意志では?と思いつつ…私だって用事があるのです、と思いつつも「ごめんなさい」と謝るのでした(ーー;)

日本人は真面目・遅刻ナシ・働き者ってレッテルが最近は多少なりとも剥がれて来たと思っていたのですが、私が再びこれらのレッテルと張り直しているみたいです(゜O゜;

困ります。
私は本来、怠け者。でも小心者でもあるのですが…小心者だから真面目なだけなのですが…後期から再び恐怖のヌードデッサンが始まる…のでしょうか・・・(/||| ̄▽)/
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-15 07:09 | 学校

白いイタリアの暖房器!


日本では、大雪が続いてるようで、テレビの映像で見る度にひょえ〜と思います(・Д・)
今年のボローニャは去年よりは暖かいらしく、最低気温もマイナス5度くらいで去年のようにマイナス15度とか想像もしたくないような数字にはなりません(ーー;)
日中は3度くらいで東京と同じくらいだそうです。
日が暮れる頃になるとアスファルトが光ってますが…土も異常に硬くなってますが…
               ↑氷ってます    ↑これまた氷ってます
a0052863_495895.jpgそこでなぜに私が寒い寒いとこのブログで書き続けているかというと、暖房機具がSCALDAMENTO(スカルダメント。訳:暖房)だけなのです。。。→
このスカルダメント!とてつもなくスゴイモノかと思いきや、ただ鉄の管にお湯が流れている。そんな原始的なものです(^^;)
よく海外の映画とか絵本とかの部屋の片隅に出て来ます。
小さい時はあの白い物が冬になるとどれだけ威力を発揮するのか、きっと触ったら火傷するのだろうな、とかよく考えてました。。が、触っても、熱いだけで火傷などにはいたりません。
窓際によくあり、多分冷気が中に入らないようにする、くらいのモノだと思います。。。

今の住んでいる所はイタリアでは最新のマンションなので、まー凍えるコトはありません。。が、ボローニャの中心街に住んでいた時は本当に寒かった。(>_<;)
その時はホームステイをしていたのですが、一日中つけっぱなしなのに寒い!
その時、始めて家でブーツが脱げないというコトを味わい、ブーツの必要性をセツに感じました{{(T-T)}}
その家では洗濯物がよくスカルダメントに山済みに掛けてあり、その上でネコが寝てました~(=^‥^

ボローニャの中心街に家はほとんど1800年代に建てられた代物。
隙き間風もあるし、天井は異常に高いし、です。
そんな中マイナス10度とかで、スカルダメントのみ!って本気で辛いッスΣ(T▽T;)
一番辛いのが、お風呂。服を脱ぐコトがこんなに辛いとは…
現在住んでいる家に湯舟はあるのですが、溜めている間に冷める、ぬるくて入れません(注:ガスのタンクのお湯があまり溜められないのもありますが(ーー;)
なので、シャワーなのですが、この寒いのにあんまり暖まらない、暖まってもすぐ冷めてしまう><、
日本の寝ないでも肩まで浸かれるお風呂って偉大なんだな〜ってつくづく思います!!

多分、日本の家(実家はマンションで暖かいのです)の暖かさを知らなければ、こんなに愚痴らないのかもしれません・・・が、知っている分寒さ倍増です~{{{(‐。‐||)}}}
ここは本当に21世紀か?アトムがいるとされた時代なのかと、本気で考えます。

「心頭滅却すればまた火も涼し」という言葉もあります、、(こんな風に心身を鍛えるものなのでしょうか…)
頑張ります、頑張って今年の冬を乗り切ろうと思います、、。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-11 04:13 | 日常
最近はいい天気が続いてます。
が、とっても寒いのには変わりありませんが><、
ベランダに置いたゴミもなぜか腐らない有り様…(ゴミ袋が大き過ぎて一杯になるまで貧乏性の私には捨てられないのです)
便利なのやら、寒いのやら、です^^;

カイロのないイタリアでは、日本から持って来たカイロは貴重品!貴重品過ぎて、使えない私は先日、いつの間にか期限の切れたカイロを無理矢理使ってみたのですが…冷たいままでした。。
今、最後の2つになってます。その内の一つは期限が薄くて見えないΣ('0'*)

危険です。。と言う事で最近、友達が買ったと言う「湯たんぽ」を購入してみました。
が、お店に行って気付きました…「湯たんぽ」ってイタリア語で何と言うのだろう・・・
「湯たんぽ」を買うというコトで一杯一杯だった私は辞書で事前に調べるのを忘れてしまいました(「・・)
一緒に来てくれた友達に取りあえず、お店の人に聞いてみればと言われて、必死に語学学校時代のコトを思い出しながら聞いてみました。。

「すみません…あの、名前知らないのですが、、、夜寝る時の寒い時に、お湯を入れて温かくするのってありますか?」私としたコトか、、寒い時でいいのに寝る時と限定してしまった><、

でもいつも無愛想な店員のお姉さんは「は?」って顏をしながらも、
「BORSA DELL'AQUA CALDA(直訳:温かい水の袋)のコト?」と聞き返してくれました。

だから名前はしらんと言っただろう…ってか、お湯の袋か?と思いながら、どう説明しようと考えてると、

「だから、お湯を入れて使うモノでしょ!」
と、ちょっと怒り気味にそのいつも無愛想な店員のお姉さんは教えてくれました。

で、買えました。
湯たんぽと言うと私などは銀色で枕の小さいのって想像してました、、が、ゴムで出来てました。a0052863_027526.jpg
日本だと、氷り枕ってモノです。
値段は1.5ユーロ(約200円)。安いのか、高いのか、と言う判断も出来ずに、まー寝る時に温かければいっか。。と、一つ購入。

が、困ったコトが家には電気ポットがない!地道に鍋でお湯を湧かして使うしかない。。
無精者の私としては3日に一回の割り合いで使ってます(×_×)

これから2度と使わないかもしれない(って、使わないか…)「湯たんぽ」という単語を知って、ちょっと得した気分になってる今日この頃なのです(/・ω・)/


来週の火曜からやっとこ、休みだらけのアカデミアが始まります。と、同時にイタリアの1月と言えば、年に2回のセールの月!!!
今年こそは防寒具・暖かいコートを手に入れようと思います!!

寒い日が続きますが、皆様も風邪には気を付けて下さいませ(/・ω・)/
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-08 00:22 | 日常
再びですが、明けましておめでとうございますm(._.*)m
今年もどうぞよろしくお願い致します^^

いかがお過ごしですか?
良いお年を迎えられたでしょうか?

私は前にも書いた通り大家さんの家で年越しをさせて貰いました。

7時頃にお邪魔して、8時頃から御飯を頂きました。
a0052863_68126.jpg
1品目はサーモンのクリームパスタ。
生クリーム、牛乳、塩、サーモンだけのシンプルなモノですが、とても美味♪
お代わりまでしてしまいました><、
a0052863_69411.jpg2品目はお肉とフィノッキオ(茴香と辞書にありますが…茴香の方がわからない(ーー;)とホワイトソースのオーブン焼き、トルテリーノ(ポテトとホワイトソースのオーブン焼きだと思う…)、ポテトとサルシッチャーソーセージ。どれをとっても美味しいの一言につきます。。。ので、毎回食べ過ぎるのですが…

そしてみんなでゲームをしながら、年明けを待ちますo(__*)


そしてフと気付くと年明けの15分前!
急いで、机を片付けてお菓子やシャンパンを用意します!
イタリアではシャンパンでお祝するのが通常なのです。(他の国も結構そうだと思うけど…)

テレビではカウントダウンに入っていました。

…3・2・1・BUON'ANNO(良い年を)AUGURI(おめでとう)

一斉にシャンパンの蓋が開けられます^^
a0052863_6153033.jpg
…が、ここに来て大問題発生!!!!!
パネットーネやら、チョコのケーキやら、沢山お菓子が並んでいるのに…お腹が一杯過ぎて入らない><、
女の子はお菓子は別腹と言いますが、それでも無理でしたq(T▽Tq)
代わりにちょっと軽めな葡萄を!
イタリアでは新年に葡萄を食べるとお金が貯まるそうです。それを聞き取りあえず葡萄だけでも食べました><、
でもフと気付いたら、働いてないのにお金が貯まる訳ない…
(留学の手続きの時にイタリア文化会館で「私は働きません」という署名をさせられているのです><)

結局、一杯過ぎで次の日の夕飯まで何も食べれなかったのでした。。。

その後は「トンボラ」と言うビンゴに似た遊びをして家に帰ったのは夜中の3時半。
眠い目を擦りながら、実家に電話を入れて眠りに就くのでした。。。。
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-04 06:12 | 風習
とうとう年があけました。

明けまして、おめでとうございます(。・_・。)
こちらはまだ明けてませんが、8時間後には明けます><、

今日は家に1人でのんびり…
カウントダウンは大家さんの家で迎える予定です。

一昨年はイタリア人に習い、町で一番大きい広場に出かけたのですが、すごい人!
こんなに人がいたのかってくらい人、人、人。。。。

年が明ける30分前になると、広場に作られた全長20mくらいの悪魔の像に火が放たれます。

そしてすごいのは、花火(爆竹)でやってはいけないコト
・頭の上にのせる
・人に向かって投げる
・手に持って振り回す
をしまくります。それで毎年多くの人が指を無くすそうです。
始めてあんなに危ない花火を間近で見ました。周りの人も遠くから笑ってみまてます…
それならまだしも、広場近くには救急車が何台か待機させられてます。けが人が毎年イタリア全土で千人単位で出ます><、
一昨年も例外ではなく、救急車が病院へ向かおうとしても人が多くて立ち往生。ありえません(ーー;)

そして年明け!
多くの人がシャンパンを一斉に明けます。
そしてF1の優勝選手のように皆で掛け合います。。。逃げても、4人に1人の割合で持っているので逃げようがありません、、、そしてなくなると、なぜか地面に割る。。。(転ぶと血まみれ必須です)

その時以来、2度と行かないと思いました。
恐い。本気で恐い。そんで体がベトベトで火薬くさい。

新年の朝。
テレビのニュースを見ていたら、昨年と今年のけが人、死人の統計がでてました。
3年前は1人亡くなったそうです(広場に向かう途中、車の中で火薬が暴発したらしい)で、一昨年は無事に亡くなった方はいなかったそうです

………

普通に報道するなよ…とか思いました。何か、対策立てるとか…><、
さー来年は何人なのか…恐い話です><、、、、、、、

ではーーー今年も徒然と頑張るので宜しくお願いしまーーーす(/・ω・)/
[PR]
by coniglioalice | 2006-01-01 00:31 | 日常