イタリアのコトとか、趣味のコトとか、徒然と…


by coniglioalice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お茶!!

いよいよ、イタリアも春の前の雨期に入ったようで、ここ数日しとしと雨が降っております。

私としては、勉強のみの寂しい生活を送っています。
毎回の試験の時の楽しみは「飲み物」の私!

この前の試験の時は紅茶に懲り、シナモンを入れたりしながら楽しんでおりました。
最近のマイブームはバラのお茶!( -_-)旦~ フゥ...

お茶の揃っているお店がボローニャにも一件あり、そこで見つけたモノです^^v

匂いがちょっときついくこの匂いが嫌いな人は本当に飲めない代物なのですが、紅茶をベースにしてあるからとても飲み易く、美味しいお茶なのです。

昔に一回、バラのお茶を日本で買ったコトがあるのですが、その時は酸味がすごく匂いもしなく、騙されたのかな?それともこれが本当のバラ茶?とか思いました。
が、今回は透明の袋に白いシールが張られ「gou入りバラ茶」とありました。gouとはなんぞや?と思いながらも今度こそ!!ってつい買ってしまいました。
(飲んでから、きっと紅茶の種類なのだと予想してます。下に黒紅茶・バラとありますし(/・ω・)/)
a0052863_7203332.jpg
本当に美味しかったので、何よりでした。
でも毎回は置いてなく、夏前のこの時期しか入荷しないみたいです。


そこのお店で最近見つけて驚いたのが「お〜い、お茶」の缶。
イタリア語の説明のシールが張られて「緑茶」とありました。
値段は確か300円くらい。ちょっと惹かれましたが、何で3倍もの値段を出して日本でも飲まない「お〜い、お茶」を買うのかと思い直し止めました。
日本だと抹茶入り系が好きなので、普段はまず飲みません。

が、こっちでお茶を煎れて飲むとやっぱり味違います。水って大切なのだなと実感させられる時でもあります。
抹茶を点てた時など、ありえない不味さに吃驚してしまいました。

反対にこちらの飲み物のイタリアンコーヒー(エスプレッソ)はすごく美味しい( ̄∇ ̄)
日本で同じに煎れても、やっぱり不味いヽ(`*´;)ノ

やっぱりその土地にはその土地に合った飲み物があるのだなぁ〜と変に納得してしまいました。
そんなコトを思いつつ、あと2週間ちょっと。精進あるのみです!!
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-26 07:21 | 日常

再び試験話(ーー;)

本当に暖かくなってきてホッとしております( ´o`)п< <

前回でも話しましたが、今回は同じ日にテストが…(゜◇゜)~

どうしてなのだろうとか、考えますに多分両方の教授が発表が遅すぎたのがいけないのだろうという結論に達しました><、

2週間前の月曜日。(殆どの授業は日程がすでに張り出されてる時期)
その前の土曜日に同じ美術史の生徒で今回試験を受ける人をようやく探し出し、試験のコトを聞くと…
a0052863_7482779.jpg
「この前の月曜日に会った時に2月22日って言っていたよ」
「紙が張られないから判なかったのだよね」と、私が言うと
「あの教授は張らないでしょ」の一言。

確認して月曜日に来るコトを聞き、試験を受けるコトを伝えるべく教授を捕まえに学校へ行ったのです。。。

最初に事務局に行き、教授が来るかと確かめると

「え?来てるの?見たコトないよ」の一言。
「でも来てると聞いたのですけど…」と言うと
「じゃー来てるのじゃない、でも私今期になって見たコトないよ」と、無責任な一言。

それでも粘って教授の部屋の前で待っていると、40分してようやく登場!
やっぱり来てるじゃん!!とか事務局の人に言いたかった><、

「おはようございます。2月に美術史の試験を受けたいのですが」
「あぁ、生徒達が皆3月がいいと言うから、3月の初めにするわ。今日か明日に紙張るから」
22日じゃないの?って、張る気があったコトに吃驚!それよりも私の顔を憶えていたコトにもっと吃驚!!!!!(本当に不精な教授なのです、でも助教授はすっごくいい人なのです!!でも只今産休。早く復帰して欲しい(・o・)

んで、後日はり紙を見ると3月13日。3月の初めと言えるのかも疑問...


その3日後、教育学の授業にて 「3月13日します」


・・・・・・(゜0゜;


久しぶりに、一瞬頭の中が真っ白になりました。
最初、3月6日って言っていたじゃないのですか?なぜ変える?
その時、そう言えば他の生徒が他の試験が重なるからずらして欲しいとか言っていたよな....
あっ、それでか〜あはははは・・・・・...( = =)

事務局から発表のはり紙では美術史は2月22日〜が通常。
選択授業(教育学)は2月27日〜が通常。

日程通りにしようよ!って今さら愚痴ってもしょうがない、しょうがないけど愚痴りたい゜゜・(>_<;)・゜゜

ちなみにまだ教育学の紙が張られてません。紙が張られないと署名が出来ません。署名が出来ないと試験は受けれません。やる気があるのか....不明。

さすがイタリア!されどイタリア!頑張ります・・o(__*)。。oO
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-22 07:50 | 学校

最悪の試験日!!!!

こちらはだんだん暖かくなってきました^^
皆様はいかがお過ごしですか???

私は季節の変わり目の頭痛に悩まされております><、
その上、試験日が発表され、何と!!美術史と教育学が同じ日!!!!!ありえません><、
2つとも生徒の意見を取り入れて、遅くしたそうで、、本当に運の悪い私なのですq(T▽Tq)

テストと言えば、思い出すのは…

半年前の恐怖の日!!

6月の後半のある日のコトでした。
その日は絵画の試験のため今迄描いた絵を携えて学校に朝の7時起き、8時半学校に到着。そこまでは予定通りなのでした。。。

その頃は最近の異常気象の影響が異常に暑い日が続いておりました。
無事に9時の出席確認をし、教授が「1年生は明日だから、2・3・4年生の試験を今日する。人数的に4年生が少ないから4年、3年、2年で試験を行う」と言うコトでした。(ちなみに私は2年生の時でした)

が、教授の長話は健在!
時間があろうが、なかろうか、生徒が多かろうか、少なかろうか、話し捲る捲る!!!!!!            学校にあった。何の機械か…でも埃かぶってる↓
a0052863_19375916.jpg
そうして11時になり、風通しの悪い教室では茹だるような暑さ!
もちろんクーラーなぞ存在してるのは図書室のみ!が、そこの司書さんは恐くて有名、なので避難も出来ません><、
中学からクーラー生活をしてきた温室育ちの私としては、だんだん気が遠く、遠く・・・
            
1時なり、やっと3年生が始まった所。全然進みません。。。
その間、2年生はうだうだと待つ、皆お喋りする元気もありません(/||| ̄▽)/

2時くらいになって教授、助教授が「20分だけ!」と言ってお昼に出かけ、私は友だちとクーラーのあるBAR(喫茶店)に避難、食欲もなく3人でアイスを齧ってると、、、

「今日の温度は40度・・・」とラジオが言ってるいるではないですか!!

聞き間違えかと、友だちに聞くと「間違えじゃないよ、40度以上だって…」とのお言葉><、

で、学校に戻り、椅子の上でぐだ〜と溶けていると…今度は教授達が帰ってこないΣ(゜◇゜;)

30分経ち、40分経ち・・・・1時間後に帰ってきました><、
思わず、20分って言ったよね?!って突っ込みたくなりました。

教室は確実に40度を超える暑さ、、、何せ窓が少ないですから。。。

5時を過ぎる頃、さすがの私達も頭が変になってきました。
下らないコトをするモノ、それを見て笑うモノ、私はすでにイタリア語が出てこなくなってきて日本語で応対をしておりました。。。

が、実際に終わったのは7時過ぎ。
約10時間以上待った訳です。。。7時半に学校が閉まるコトで試験時間は5分。
ちなみに3・4年生は一人当り30分以上。

疲れました、他の試験よりも疲れました・・・・・

今回は同じ日にダブルで学科、今から勉強あるのみなのです(ーー;)
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-19 19:43 | 学校
世の中にはあってはならないコトとか、見なければ良かったコトとか、多々あります。

今回はそんなお話。。。

それは1年生の時に遡ります。。

最近イタリアでは東洋というか、日本ブーム。
三島由紀夫、吉本ばなな、村上春樹などの多くの作家の作品も次々と翻訳されています。

そして私の通っているのは、美術学校!
「絵の中に日本語を入れたいから訳してくれ」というお願いは入学の時からありました。

その日もあるイタリア人の子から日本語にして頼まれました。少々長い詩のようなモノ。が、その日は辞書を持ち歩いていなかったので、その子に意味を聞きながら「またかよ〜」とか、思いながら少々いい加減にやっておりました。

a0052863_134293.jpg
が、1年後その恐怖はやってきました。

「私のコト覚えてる?」といきなり言われて、「?」と思ってると、
「1年前に日本語にしてって頼んだでしょ」と言われて、何となく思い出しました。

「見て」と、その子おもむろに背中のキャミソールを捲るとそこには…私の字が・・・・
何と、私の字がそのままタトゥーになってるではありませんかΣ( ̄□ ̄ ||
それも首から多分、お尻まで・・・

そのコトを言ってくれればもうちょっと綺麗な字で書いたのにΣ(T▽T;)
ってか、ちゃんと意味があっていたのだろうか・・・
説明してくれよ!(もしかしたら、してくれていたのかもしれません、、その頃あまりに日本語にしてくれと言うお願いが多いためちょっと嫌になっていい加減にきいていました...... ( 〃..)ノ )

でも今さら後悔しても無駄・・・
今でもあの子の体に私の下手な字が刻み込まれているかと思うと、恐怖の何ものでもありません!

見なければ、知らなければ良かった、このコトを忘れたいと心の底から思うのでした・゜゜・(×_×)・゜゜・。
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-15 01:04 | 日常

頑張れ日本(/・ω・)/

いよいよ、トリノでオリンピックが始まりました(/・ω・)/
a0052863_0441548.jpg
7時から開会式だと思っていたら、8時から。
最初は見る気があまりなかったのですが、夕飯時に見始めたら最後迄みてしまいました><、

前半はサーカスか??と感じました。イタリアならで、ずれてるし、あんまり面白くなかった…

8時半から1時間かけての選手入場!
国独自の衣装に包まれて、あの派手(私的には好きですけど)のドイツの後に日本入場。
また国旗を意識しているのでしょうか、白。に裏地が見える所が赤。
可愛いけど、ドイツが綺麗な色を使い過ぎててちょっと目立ちにくいかな…と思っていたけど、さすが日本。人数が半端ではない!!何人いるのかしらと、だんだん不安になってきました。
きっと選手じゃない人も大勢いたのだと思うコトにします。

解説でも言っていたけど、朝鮮は北・南揃っての初冬オリンピック!
中国はなぜか、中国と香港に別れての入場。何か変?

そして後半!
次々と出てくるゴシック・ルネッサンス期の衣装に扮した人々。本当に綺麗でした。
これこそイタリアでやっている感じやっとしました。
(が、今回の試験の範囲過ぎてちょっと心が痛みました。。さっさと勉強しろ!と言われてるようで…)

から、変なでっかいドレスの人がノースリーブで(可哀想です。。)上半身だけ踊って、ビーナスに扮した有名らしいトップモデルのおねえさん(これまたノースリーブ)が出てきて、空をいろんな人が飛んで、変な太陽と月が出てきて、、、どんどん訳がわからなくなってきて、これぞイタリア!意味不明!!

ってか、思ってると「過去から未来へ」と言うテーマなのか、今度は未来をテーマにダンサーが出てきて踊ってました。

そしてトリノのフィアット社ということか、フェラーリのF1カーが出てきて、ピットストップ(タイヤ交換)のシーンをしてました。(今はタイヤ交換がなくなったのですが…って余計なコトを思いつつ)
そこから広い所まで出て、タイヤで一生懸命5輪を書いてました。(聞き間違えでなければ、予定になかったららしい。。)

から、いきなりテーマが平和になり、オノヨウコさん登場。
英語で平和を訴えていました。
でもオリンピック委員の人たちも頑張って少しなりともイタリア語を入れて文章を読んでいたのに、オノヨウコさんは読みながらなのに総べて英語。最後の「ありがとう」だけでもイタリア語にして欲しいと感じました。

最後に聖火の登場。
演出が派手だったからか、せっかくギリシャから持ってきた聖火の火が聖火台に点火されているようには、見えない、、、取りあえずオリンピック史上一番高い聖火台だそうです。

な〜んて感想を持ちつつ、そう言えばこの前の夏のギリシャのオリンピックでも美術史の試験勉強してたよな…とか思いつつ、あと、10日後のテストに向かって頑張ります・・o(__*)。。oO
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-12 00:49 | お祭り

題名に『?』とは??

最近、バスから見る風景は冬がだんだん終わろうとしているのか、緑が少しづつ増えてます^^
が、再びボローニャは寒気が入り込んだようで、昨日から肌寒くなってます。
でも相変わらず空気は乾燥し捲っていて、咽ががらがら><、

テストが2月末と先日張り出され、私としては勉強、勉強、で頭が少しヤラレてきております。。。
美術史のテストが1400年代からだと信じていたのに、ちゃんとプリントを読むとアッシジのジョットからと・・・殆どの1300年代も含まれており、悲鳴を挙げている最中です。

ので、今というか12月からボローニャでやっている、「ジョット展」に昨日ふらりと足を向けてみました。
a0052863_20415255.jpg
ジョットはチンマブエの弟子だったとも言われており、それまでのビザンティン美術の影響を多大に受けてきた絵画界において、三次元の世界を作り、より現実的に見える空間を作り出すト言うコトをした人なのです。
簡単に言うと、この時代で革新的に空間を作り出そうとした画家だったわけです。

で、いざ入ってみると、作品は全部で15弱作品くらい(少ない・・少なすぎる!)
の内、ジョットは2作品?!
その上、そのうち1作品はボローニャの国立美術館(←学校のすぐ隣、講議とかでよく行く)に飾ってあるモノなのです。

これでジョット展と言えるのか疑問が残ります…他の作品はその時代に作られた聖書、その時代のジョットの影響を受けたと思われる(ちなみに教科書に出てくる人は1人だけ)の作品、祭祀の帽子。
一番吃驚したのは、題名の後に「?」が付いてるモノ。
「?」を付けられても、こっちが知りたいよ!って突っ込みたくなりました。「多分フランスで作られたか大理石の祭壇?」と言いたいのでしょうか…果たして題名に「?」はありなのか、疑問を投げかけられ、疑問が残ります><、

果たして、行ったカイがあったのか疑問を残す所ですが、テストの時に「行った?」と聞かれるコトを祈りつつ再び勉強を始めたいと思います・・・・
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-08 20:43 | 日常

「SAYURI」を見て。。。

先日、映画を見に行きました。

きっかけは…
ある日、会う人、会う人色々な人に「おまえは 『SAYURI』を見たか?」と尋ねられました。「見てない」と、言うと「何でみないんだ〜」とみんな同じ答え!

でも友達の芸者・花魁好きの友達曰く…
   ↑
   常に絵の題材になっております。
   時々、「お歯黒は何でつけているか?」「昔の花魁はお歯黒をつけているのが
   当たり前なの?」「花魁の飾り帯は何色か?」などなど、、日本人でも
   知っている人少ないぞ!って思うコトをよく聞かれます><、
「最悪!すごーく最悪!もう2度と見ない!あなたも見ない方がいいよ!頭はバナナみたいなの付けてるし、襟は白くないし、まったく違う!!」と憤慨気味。

と、言われても見てないコトには何とも言いがたい…友達との会話にも入れず、寂しい感じがして、さっそくその日に見に行ってみました!!

その日知ったのですが、私の見に行った映画館では始めの一回目(イタリアの映画館は通常夕方から開きます)は何と4ユーロ(約550円)。
普通に見てもイタリアでは1000円はいかないけど、何となく嬉しい^^v

a0052863_091583.jpg
・・・・・( ̄◇ ̄;)

何と、感想を述べて良いか…
私がこの映画で一番見たかったのは『桃井かおり』なのに、忘れてました…イタリアの映画はすべて吹き替え(字の読めない人もいるから、って聞いたコトがあります)…『桃井かおり』のあの良い感じのケダルイ喋り方が、普通のシガれたお婆さんみたいな声になってるぅぅぅΣ(T▽T;)

違う!!!って、あの良さが出てない!!って一人で憤慨しました。

で、内容の感想は…特になし><、

細かいコトを言うと、
歩き方、お辞儀の仕方が汚い(でも外人を使ってるからしょうがないのか…)
変な所で日本語で他が外国語ってどこそこ?
聞いた話だと、着物が右前の人がいたらしい…死人?
よく知らないけど、芸者の踊りって南京玉簾?違うよね…
京都の祇園が舞台らしいけど…そこどこ?京都じゃないよね?って所が随所に鏤められて…結局日本が撮りたかっただけ?

とか、、って思いました。
まーでも、4ユーロだし、外人が作ったのだし、こんなものかな…

後日、イタリア人から「芸者って本当に映画のまんま?」とか聞かれますが…
そんな昭和の戦争頃の芸者なんて詳しくは知りませんって><、
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-05 00:11 | 日常

新聞に載る?!

とうとう私の名前が新聞に載りました!

別に悪いコトをしたわけではありません。これまた特別に良いコトをしたわけでもなく、普通に><、
名前だけだけど…それでも「レプブリカ」と言うイタリアでも有名な新聞!日本で言う朝日新聞くらいにメジャーな新聞なのです。

そもそもは先日の話の続き…

今日も学校へデッサンをしに行きました。
と、そこへ教授が「ハイ」と新聞のとある欄を渡してきました。

「ふに?」と思ってると、何と何と、先日のとあるBAR(喫茶店)の広告ではないですかぁ!!!!

よくよく見て行くと、、、下の方に今回展覧会に参加した生徒の名前があるって、ちゃんと私の名前までありました!吃驚!!

広告でもうれしい(⌒〜⌒)
a0052863_19254861.jpg
実際の新聞を買いたかったのですが、4日前のもの。。もうどうやっても手に入らないのが悔しい((“o(>ω<)o”))
その日は学校へ行っていたのに、、その日に限って自分のアトリエに寄らなかったのかが悔やまれます。。それも自分の誕生日だというのに朝から晩まで一日中学校に居たのに…教授はいないにしても、いたはずの助教授となぜ会えなかったのでしょうか><、
でも誕生日の新聞って所が嬉しいですd(*⌒▽⌒*)b

神様も粋なコトをします。
珍しく私の誕生日を思い出した母親からは電話がかかってきました(モーツアルトの生誕記念のニュースを見て思い出したそうです(゜o゜;)

私の誕生日はモーツアルトと一緒!ついでに「不思議の国のアリス」を書いたルイス・キャロルとも一緒なのです。
でも決して名前の由来は誕生日が一緒だからだった訳ではないみたいです。数年前、一緒なのに吃驚した私は母親にそのコトを伝えると一緒に吃驚してましたから・・・
まー偶然って起こるのだなぁ〜とか最近は普通に思います。
今回もその恩恵にあずかれたコトは嬉しいですね(/・ω・)/

新聞を読んでると、「若い芸術家達の作品が、イタリア人だけではなく日本人やスロベキヤ人も…」って気になる所が…もしかして、ただそれが書きたいために私が選ばれたのかしら・・・う〜ん><、
あんまり深くは考えない方がいいのかもしれません。。。

ただの広告だし…ね(-o-)/
[PR]
by coniglioalice | 2006-02-01 19:27 | 学校