イタリアのコトとか、趣味のコトとか、徒然と…


by coniglioalice
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スペインへ パート1

皆様如何お過ごしでしょうか?

学校へ行ったら授業料が再び上がっておりました。が、まだ授業の始まる日は出てませんでした。毎年毎年、本当に頭が痛いコトです。

本日からどのくらいになるかわかりませんが、スペイン旅行を徒然と...

9月10日。
15時に家を出発。列車が遅れ捲りボローニャで全力疾走させられたりしながら、無事に18時50分にミラノに着きました(´▽`)
マクドナルドで夕飯。駅で朝食を買ったりしながら、ぼけ〜とバルセロナ行きを待つ、って、その時点で30分遅れ。やっと乗ってから再び動かない...計1時間遅れで出発したのであります^^v
19時50分発、次の日の9時2分着。実際11時着

寝台車だったので、眠れるかちょっと不安だったのですが、私はどこでも寝れる!すごい。
自分の適応性に吃驚しました。
列車には歯ブラシ・耳栓・水が揃っていて、部屋には洗面台も付いていて思った以上に居心地が良かったです。ただ、急ブレーキの時に2階で寝ている人はコロコロしないようにしないと、ちょっと恐いです。

2時間遅れでバルセロナに着いて、そこから取っておいた宿へ。
そこは親の意見もあり、日本人の方がやっている宿舎です。(16年前母親がバルセロナに来た時にジプシーが恐かったらしい)
お風呂トイレは共同なのですが、泊まっている人は日本人だけなので、綺麗だし安心です。

同じ日に家の大家さん夫妻がバルセロナにいたので、サグラダ・ファミリアで待ち合わせをして会ってきました。大家さんはバルセロナまで車。セルビアまで行くそうです。羨ましい><、a0052863_255693.jpg

サグラダ・ファミリアは凄かった!が、思った以上に小さかった。
小さい時から家に大きなサグラダ・ファミリアのジグソーパズルが飾られていたので、イメージが出来上がっていたのでしょう。
ちなみに知り合いのおばあさん曰く、「昔は中に入れなかった。外から見るだけ」だったそうです。
そう考えると、出来上がってないにしろ中に入れた時代で嬉しかったです。
私の印象はゴシックっぽかった。教会の中に森のイメージに感じました。

そこからエレベーターで塔の上に...恐い><、a0052863_263529.jpg
私は足モトが良くない所の高所恐怖症。腰が引け捲っていました。正直恐い。

写真をバシバシ取り巻くり、階段で下に。
外に出てその目線の先に...ケンタッキーフライドチキン!
イタリアにはないので、嬉しい(/・ω・)/
日本ではそんなに食べようと思わないのですが、ないと食べたくなる。友達を無理矢理説き伏せてお昼♪
日本よりお肉が美味しく感じるのはなぜなのでしょう....
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-28 02:07 |

オルヴィエートへ

前回の続きなのです(・o・)

夕方、タロットガーデンを後にして再び各駅停車にて1時間かけてローマへ。女性しか泊れないという宿舎で一泊。。。。
そして朝からオルヴィエートへ!

オルヴィエートは前から私が行ってみたかった場所であります。
いつも友達がワインを買って来てくれて毎回美味しく頂いているので、今回は是非美味しいワインを買って帰りたいと思っておりました。

オルヴィエートではエトルリア人が作ったとされるすごく深い井戸と住居の下に洞窟が掘られてそこがガイド付きで見学をしてきました。

オルヴィエートはイタリア半島に大昔に住んでいたエトルリア人(原住民ではないらしく、彼等もまたイタリア半島に移住したらしい)が作った町です。
エトルリア人は鉄工民族で山の上に住み、鉄製品をギリシャやカルタゴなどに輸出していたらしい民族です。そのため、山の上から井戸を掘る技術など土木などにも長けていた民族とされます。その後、ローマ人に支配されたり融合したりして滅びた(?)とされています。
オルヴィエートは元々エトルリア人が地下に家を作ったりなどして作ったとされています。が、後にローマ人がオルヴィエートに来た時はエトルリア人はすでにいなかったそうです。
ローマ人はエトルリア人が作ったとされる地下の洞窟に手を加えながら住んでいたそうです。
何百という洞窟が今なお個人所有としてオルヴィエートには存在しているそうです。

ちなみに...写真を撮ろうと思ったのですが、バッテリー切れで....ごめんなさい<(_ _)>a0052863_0305373.jpg       最後の一枚→

そんな感じで昼過ぎまでいて、各駅停車で家まで4時間かけて帰って来ました。
そしてその2日後からスペイン。強硬です。今だから言えますが、出無精の私としてはすごいスケジュールでした><、

もうこちらは秋の気配がします。
9月になっていきなり再び暑くなりましたが、今はもう通常の短い秋です。
そろそろ冬です。時間もそろそろ夏時間から冬時間に変わる時期です。
季節の変わり目なので、皆様も体を御自愛下さいませ<(_ _)>
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-24 00:33 |

タロットガーデンへ

皆様、お久しぶりです(/・ω・)/
やっとなのか、もうなのか、本日スペインから戻って来ました。
本当にガウディ巡りの旅になりました。が、夜行列車なので少々疲れ気味です( ̄− ̄)

今回から前回のイタリア旅から今回のスペイン旅について徒然と綴って行こうと思っております。

9月8日の日、ニキ・ド・サンファルさんと言う芸術家さんが作ったタロットガーデンという美術館へ行こうと言うコトになり、はるばると行ってきました。
時間の関係で列車を乗り継ぎ2時間だけ、ルッカという町によりました。
紙の工場があるコトがイタリアでは有名ですが、その他にもピノッキオの作家さんの町でもあります(観光の本にはよくフィレンツェの近くの小さな町と書かれています)、後はオペラのプッチーニの町です。
が、プッチーニの生家は今修復中にて見るコトが出来ませんでした><、
後は教会に行って...そんな2時間でした。
(ちなみに写真を撮るのを忘れました...ごめんなさい)

で、斜塔で有名なピサへ。
そこからローマ行きの各駅停車に乗って、乗って、2時間。
カパルビオと言う無人駅で降りる。。。そこからタロットガーデンまで8kmもあるので、近くのカフェでタクシーの電話番号を聞き、かける(・o・)
「40分後でいい?」
「もうちょっと早くならない?」と私。
「違う仕事もあるから、無理」
「それなら待ってる」と私。タクシーを待つ私と友達。。。。。。。1時間経っても来ません。
さすがイタリア!ルーズ過ぎです。

うだうだをしていると、そこにいたイタリア人の人が同情をしてくれて、なぜかシロタク(認定されてないタクシー)になってくれました。
帰りも送ってくれてちょっと値段は高かったけれども時間の無駄に考えたらマシだったのでしょうか。
(下手したら帰れなくなります)

日本にもニキ美術館があるそうですが、ちなみに私は行ったコトはありません。
そのニキさんの後半人生をかけて作られたのが、このタロットガーデン。a0052863_557868.jpg
写真は50枚以上撮ったので何を載せるか悩みましたが、取りあえず...→
ガウディも100枚以上撮ったので、ホームページでも立ち上げようかと思うけど、いつになるやら,,,

ニキさんはバルセロナでガウディの作品を見て触発されてこのタロットガーデンを作ったそうです。
結構大きな敷地にタロットをテーマにした作品の数々が飾られております。a0052863_557361.jpg
敷地は知り合いの方から貰った土地だそうです。(だからこんなに僻地にあるのでしょうか)
でもとっても作品は面白かったです。ガウディの影響はタイルのモザイクくらいにしか感じませんでした。
道にも沢山の文字が入っているし、どこを見ても本当に飽きないです。
が、遠い......( = =) 本当に僻地です。近かったら何度でも行きたいのですがね。
それか、車が運転出来てもいいかもしれません。
タロットガーデン自体も沢山の人が来ていました。
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-21 05:59 |
こんにちは。
皆様、いかがおすごしでしょうか?

私はルッカ、タロットガーデン、オルヴィエートへ行って参りました。
なので、ちょっと疲れております、お眠です(ゝ_ξ)

月曜日からはスペインなので、スペインから帰って来たら、旅行の話をまとめてちょこちょこ更新して行こうと思っております。お楽しみ下さい^^/〜

今は、スペインへ行く為に荷物をどうしようか悩んでおります。
最近はいかに荷物を小さくするかが課題であります。
中学校までは鞄にちょっとでも空いていると、恐くてよく余計なモノを持っていっていました。

山登りにはアメリカンクラッカーを持っていったり、移動教室にはファーファの人形を持っていったりとか・・・今から考えると本当にすごいコトだと思います。
今はたんパンだけ持って行って寝る時は次の日の服で寝たりとか、友達に「何で女なのにそんなに荷物がないのか?!」とか言われたり....
結局はどっちも問題なのかもしれませんね><、

でもスペインはバックパッカーみたいなリュックで行くので、再び小さくまとめるべく頑張ります。
月曜から1週間なので、次の更新は来週の木曜になります。

もし思い出して再びこのブログに寄って頂けたら幸いです(/・ω・)/
ではーーーーーーーまた(´・ω・`)ノ チャオ♪
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-10 05:22 | 日常

久しぶりのトラブル!

もう秋だぁ〜と思っていたら、再び夏が訪れました><、
大家さんのお父さんも「変な季節だ」とおっしゃっておりました。
朝晩はいつも通りに冷えるのですが、日中はすっごく暑いです。何だか、解らない季節になっております。

本日は一緒にスペインに行く友達が日本から来ました(/・ω・)/
ボローニャから空港までの専用バスはちょっと高いので、けちって遠回りでも普通のバスで頑張って行こうとしました。
が、意味不明に30分もバスが遅れて、友達が19時半に着くのに私も空港に19時半に着いている有り様です。
本気で久しぶりに焦りました(;´▽`A``

19時半に着いて友達を待つ、待つ、待つ....が、出てこない><、
なぜ?って感じです。他の人は皆出て来てるのに友達はいっこうに出てくる気配がない。
乗り遅れたのかしら?と心配になり、自動ドアにおじさんにお願いをして中に入れて貰うコトにしました。
が、やっぱり渋られ、「友達は英語もイタリア語もできないの!お願い!」と頼み込んだら、入れてくれました。頼んでみるモノですね。
そうすると、なぜかカウンターに友達が・・・

理由は...荷物が出てこない。
英語もイタリア語も出来ない友達は、旅行本を片手に交渉してました。
私が喋ってみると「今だに荷物は乗り換えのウィーンにある。が、次の便に乗せた。1時間後に届く」と。
「それは信じていいの?本当に来るの?」
大家さんのお父さんに迎えに来て貰っている手前、1時間も待ってまた届かなかったらシャレになりません。
でも相手も「一応メッセージを打って、そう返事に返ってきたから」と。
そのおじさん相手に怒ってもラチは飽かないのは分かってます。悪いのはウィーンの空港職員。ボローニャではありませんしね。

しかし家に届けて貰うにも、旅行が近い為に家にいない確立が高いし・・・空港で待つしかありません。

大家のお父さんに電話をして(携帯電話って本当に便利!)取りあえず、車を止めた場所だけ確認に来てくれと言われて、友達を連れて会い理由を説明して1時間待つ事に。

21時になり、中に入って再び荷物を待つ、待つ、待つ...
出て来ました!良かった!本当に!
ホッとしました。服は何とか貸せませますが、下着はちょっと難しい(ーー;)

話には聞いていましたが、実際に身近に荷物が届かないコトがなかったので、旅行の本に書いてある「荷物が出て来ません」という言葉の重要性を今日程感じたコトはありません。


明後日から1泊でタロットガーデンと言う所へ小さな旅行。そのあと月曜日からスペイン!
やっと夏休みの醍醐味です!嬉しい限りです^^v
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-07 07:17 | 日常
とうとう9月です。
月日が流れるのは本当に早いですねΣ('0'*)
町は先週からやっとイタリア人の夏休みシーズンが終わり、日常に戻りました。
今年の学校はいつから始まるのか・・・ちょっと不安ですが、取りあえず9月から学校は開くのでちょこちょこと作品を作りに行こうと思っています。
授業は今年こそは10月から始まって欲しいと思いますが、きっとまた11月近くなるコトでしょうね><、

この前、友達の家に泊まりに行って朝フラフラ帰って来て、そのままスーパーへ買い物に行きました。
頭があんまり回ってなかったのですが、スーパーで足りない食材を一生懸命思い出して選んでました。
そこでラジオがかかっていました。
砂糖がなかったコトを思い出して手にとった時、ラジオから「日本の東京で本日大きな地震がありました」と聞こえてきました。
イタリアのラジオでそんな放送するなんて!って驚きました。
小さい地震はあんまり放送しないので、その上「大きい」と言っているし急いで家に帰って家に電話をしたら...
「今、お蕎麦茹でてるから」と言われてしまいましたヾ(_ _。)
ちょっと凹みます。まーその時点で大したコトはなかったのだなぁ〜と思ったので安心はしましたけど、お蕎麦に負けた!と思いました。
その後、母から電話がかかって来ましたけどね。

イタリアにいると、本当に地震がないので地面は決して動かないモノと言う固定観念が植え付けられます。
その上、台風もないし、津波の話も聞かないし、日本に比べると少ないです。
なので、ちょっと他人事みたいに感じてしまってちょっと恐いです(ーー;)

本日は近くのスーパーでムール貝のセール!
日本では嫌いで食べなかったムール貝。でもこっちに来て大好物になりました(/・ω・)/a0052863_5101198.jpg
いつもはレストランとかでしか食べなかったのですが、思いきって買ってみるコトにしました。
理由は1キロ200円弱。安い!
買う時にお魚屋さんにもう一度調理の仕方を確認。多分大丈夫でしょう。
でも下ごしらえに1時間もかかってしまいました(1.5キロでしか買えなかったです)
夕飯は簡単なパスタとムール貝。
1.5キロもあるムール貝、残りは明日のリゾットに、それでも多いので冷凍庫にスープと一緒に入れときました。
あんだけ時間をかけて下ごしらえをすると泥臭さもなくて美味しく頂けました(⌒〜⌒)
明日の夕飯も楽しみです\(o⌒∇⌒o)/
[PR]
by coniglioalice | 2006-09-03 05:10 | 日常